シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AI時代~人間が知識を持つことの意味

経済学者の野口悠紀雄さん(76)がAI(人工知能)について語った内容を紹介したいと思います。(日本経済新聞2017-2-25付)

野口さんは、はじめに次のように述べています。

「AIは確かに高度な技術ではありますが、身構えることはありません。専門家だけでなく、我々が普通に使いこなすことができる。その意味で、すごい技術なんです

そして、AIがすでに生活に入り込んでいる例として音声入力をあげています。

「スマートフォン(スマホ)で、文章を吹き込むと、そのままテキストデータになる。私はほとんどこのやり方で原稿を書いています」
「文章を書く際の壁が低くなる。何もない白紙の状態から始めるのは大変です。音声入力で頭に浮かんだことを次々に吹き込む。文章は断片的なままでいい。後から手を入れればすむ。歩きながら、あるいは寝っ転がったまま、スマホに話しかければいい」

AIというと、高齢者には縁遠いものと思われがちですが、それは「思い込みにすぎない」ようです。キーボードの操作はいらない、車は自動で運転できるようになるなど、高齢者にとっても、多くの利点がありそうです。

しかし、AIが人間の知的活動を代替してくれるなら、知識の習得に労力を注ぐ必要はないのでしょうか?という疑問が出てきます。人間が知識を保有する意味はどこにあるのでしょうか?

この疑問に対し、野口さんは次の様に指摘をしています。

  • AIの進化は、人間が知識を持つことの意味を根本的に変える

「『歩く百科事典』のような人は無用になりました。今は、知識がどこにあるかが重要です。インターネットのウェブのどこかにある。それを見つければいい」

「『資本財』としての知識から『消費財』としての知識へと、知識の位置づけが変わったのだと思います」

そして、消費財としての知識を得る意味が二つあると言っています。ひとつは何かをなし遂げるためではなく、楽しむための知識です。

「例えば、火星探査。どう見てもコストが高すぎるのにやっている。『生物がいるのか知りたい』という知的好奇心からきているのではないでしょうか」

もうひとつは、そこから「問い」が生まれるための知識です。

「ニュートンはリンゴがなぜ落ちるのか疑問を抱きました。AIはニュートンと同じような疑問を抱くことができるでしょうか。AIにあらゆる法則を学習させ、それと矛盾する現象を指摘させることは可能でしょう。しかし、疑問を抱き、問いを発する能力は、いまのところ持ち合わせていない」

したがって、AIが発達しても、人間が知的活動のすべてをAIに任せることにはならないとしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする