シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイソン~AIで家電変える

「紙パック不要の掃除機」の開発で有名な英大手家電メーカー、ダイソンがコードレス掃除機やヘアドライヤーの新製品でアジア市場を開拓し、高成長を続けています。特に、中国での売上高は3.4倍と増加が顕著のようです。

かつての日本メーカーも家電分野では世界を席捲していましたが、家電は成熟分野とみなして大手企業で主力製品としているところはほとんどなくなりました。

成熟分野でありながら、「AIで家電を変える」という明確なビジョンを持って組織の強化を図りながら成長していく姿は、経営学の名著『ビジョナリー・カンパニー2-飛躍の法則』が強調する「卓越した企業になるにはビジョンと進歩を促す経営の仕組みが必要だ」の典型例を見るようです。

ダイソン創業者のジェームズ・ダイソン氏にインタビューした内容が日本経済新聞(2017-2-28付)に出ていましたので、要点を以下に紹介します。

  • 高成長のけん引役は・・・

「新しい技術と新しい製品だ。回転速度の極めて速いモーターがスリムな形状のデジタル掃除機を可能にし、ヘアドライヤーの持ち手にすっぽり収まる小型の軸流タービンモーターが重量バランスやドライヤーの使い方に変革をもたらしている」

「一般的に中国や日本などの極東地域では、新しいテクノロジーや良いデザインに対する飢えのようなものがあり、我々の製品に魅力を感じていることが成長を大きくけん引している」

  • 今後の研究開発で重視している分野は・・・

「我々が電気モーターを開発していることは、ありふれたことのように見えるかもしれない。それでもモーターの性能を大幅に改善することができれば製品は変わる。バッテリーやモーターを開発しながら、マシン・ラーニングやAI、アルゴリズムの要素を加えることで製品はとても面白くなる」

「技術やハードウエアにAIなどが加われば、ハードはますます強力になる。重要なのはそのコンビネーションだ。ロボティクスにも大きく投資しており、英国で最大の投資家になっている」

「一方、ソフトウエアのエンジニアが不足しているのが問題だ。我々は世界の人材を必要としており、シンガポールに研究センターを開設したのもそのためだ。その他の国でも開設を検討している。」

ダイソン氏自身が「電気モーターの開発はありふれたように見えるかもしれない」と語っています。確かに研究開発テーマとしては地味ですが家電の心臓部であり、最大の差別化要因の一つとなると思います。

しかし、このインタビューから感じたことは、かつて日本が家電分野で技術力を誇っていた時の事業企画を見ているようでもあります。

製品の将来展開を見越して要素技術開発などに手間と金がかかっても着手していくのが日本企業の一般的な姿でした。

実は、ダイソンが成功するきっかけを作ったのは、日本での共同製品開発で日本人から丁寧なモノづくりとモノへの深い愛着を学んだことにあると言われています。

家電という成熟分野でも高成長していくダイソンの「ビジョンと進歩を促す経営の仕組み」は、自社の今後の事業展開を考える上で大いに参考になるはずです。

ちなみに、英国では「ダイソンする」ことが、“イノベーション(技術革新)”の代名詞になっていたようです。

『ビジョナリー・カンパニー2-飛躍の法則』ジム・コリンズ(著)
『逆風野郎 ダイソン成功物語』ジェームズ・ダイソン(著)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする