シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ブランド・アイデンティティ」のために、“ 旗を立てる ”とは?

前回のコラムでの「事業の定義」に関連するキーワードとして、「ブランド・アイデンティティ」という言葉が出てきました。

「ブランド・アイデンティティ」は、自社や自社の製品やサービスを、「顧客にどう思われたいか」を明確にし、自分たちの特徴をはっきりと打ち出した 旗を立てる ”ことによって成されると説明しました。

すなわち、「ブランド・アイデンティティ」とは、ブランドの特徴をひと言で表現し、旗のように誰からも見て分かるようにすることといえます。

自社は何をする、どんな会社?」という質問に対する答えを突き詰めて「事業の定義」を行い、自社のオリジナル性をひと言で表現できるメッセージを練り上げる。

勢いのある企業は、「わが社はこれで勝負する!」というメッセージを顧客に向けて宣言しています。

マーケティングの世界ではこれをUSP「ユニーク・セリング・プロポジション(Unique Selling Proposition)」と言っています。

この 旗を立てることによって顧客にアピールすると同時に、経営ビジョンを社内で共有することができます。

例えば、企業はどんな旗印を掲げているか見てみると

ヤマト運輸 : 「お客様のわがまま支援します」「翌日配達」

最近、配達荷物量が過大になり自社のUSPを見直さざるを得なくなりましたが、ヤマト運輸の「翌日配達」がサービス上の最大の差別化メッセージでした。

 ユニクロ : 「良質低価格」の他、新素材商品は「フリース」や「ヒートテック」などのUSPで差別化しました。

海外企業では、ドミノ・ピザの次のメッセージが有名ですね。

 「焼きたてのアツアツのピザを30分以内にお届け。遅れたら代金はいただきません」

このように、「事業の定義」に当たっては、出来れば「わが社はこれで勝負する!」という、ライバルから際立たせる積極果敢で、思わず引き込まれるようなメッセージも確立したいものです。

Facebook を始めました。
⇒ 藤盛洋 フェイスブック (友達申請&フォロー歓迎します!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする