シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダイヤモンドを探せ』~自社の価値を見つめ直す

ダイヤモンドを探せ』(ラッセル・コンウェル著)は、自社の価値を改めて見つめ直す動機付けを与えてくれます。

世の中の動きに乗り遅れまいと、最新情報を探しまわっても、とかく「隣の芝生は青く見える 」というような状況に陥りかねません。

『ダイヤモンドを探せ』は・・・「チャンスはどこかからやってくるものではありません。あなたの目の前にあって、発見されるのを待っているのです」、すなわち「幸せや成功は身近な所にある。自分の足元をしっかり見つめ、そこを一生懸命開拓すればダイヤモンドを発見できる」という教訓を述べた本です。

AI,IoT,シェア経済などに代表される、いわゆる第4次産業革命の進展によってビジネス環境は転換期を迎えています。

こんな時こそ、『ダイヤモンドを探せ』のような、シンプルな名著を読んで、まずはじっくりと自分の足元を見つめ直してみてはどうでしょうか。

『ダイヤモンドを探せ』は、アメリカで「聖書に次いで多くの人に幸福をもたらした」と評価されている自己啓発書の古典的名著です。

非常に読みやすくて一気に読めてしまうため、つい読みっぱなしになりがちな本ですが、繰り返し読んで、身近に潜むダイヤモンドの原石を探し出してみたいものです。

『ダイヤモンドを探せ』(ラッセル・コンウェル著)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする