成功哲学一覧

NO IMAGE

矢沢永吉における「マスターマインド」

計画作りとその実践に必要な人材を集めたグループをマスターマインドといいます。矢沢永吉の場合のマスターマインドの代表的なものは、バンド作りです。ザ・ベース、イー・セット、ヤマト、キャロルへと矢沢はリーダーシップを発揮してバンドを形成・解体しながら進化させていきました。

NO IMAGE

矢沢永吉における「忍耐力」

矢沢永吉の人生は、「明確な目標が忍耐力を生む」、「忍耐力は前進するための原動力」、「忍耐力の基礎となるのが意思の力」の典型でした。 ヤマトが終わった挫折感の中で抜けだすために必死の動き、バス賃六十円どうする・・・。ソロでデビューした当初のツアーで1500人のキャパに対して、売れたチケットはわずか100枚・・・。

NO IMAGE

矢沢永吉における「決断」

「卒業したら、京に上る。首都に攻めていってスーパースターになる」・・・矢沢永吉の最初の大きな決断は高校時代のこの決断でした。キャロル解散後のアメリカ行きやソロデビューも大きな決断でした。勝負すべき時にはすべてを賭けて勝負する度胸の良さは、やはり矢沢です。