NO IMAGE

矢沢永吉における「行動計画」

『思考は現実化する』で述べる“行動計画”のエッセンスが矢沢永吉の行動計画と重なります。グループの結成、機材の準備、練習、オーデションや出演の交渉などはすべて矢沢が実質的にリーダーシップを発揮しながら進めていきました。道なき道を進む精神力、己の発言を実現していく行動力・・・。

NO IMAGE

矢沢永吉における「想像力」

「想像力は、心のエネルギーを富に変える工場である」・・・ハートで汗をかいているかどうか・・・これが矢沢永吉にとって想像力を働かせている姿でした。作曲やコンサートだけでなく、願望を富に変える面でもハートで汗をかきました。芸能界でやってない 自分のやり方で奮闘しました。

NO IMAGE

矢沢永吉における「経験と観察力」

矢沢永吉は、苦しい生活環境の中でもミュージシャンになるため楽典の本を買ったりしながら、自力で種々の知識・技術を吸収していきました。また若いうちからビジネス書や新聞にも興味を持って熟読していたことに驚きます。それらが「経験と観察力」を育み、ほかのミュージシャンと大きく違う視野の広さを持つにいたったに違いありません。