NO IMAGE

矢沢永吉における「深層自己説得」

『成りあがり』での矢沢永吉のメッセージから、スーパースターという目標への感情・思い込み、暗示の繰り返し、実現した時のイメージ・・・・・無意識的にであれ深層自己説得(自己暗示)のエッセンスが見事に行われていたことが分かります。多くの人は深層自己説得の活用方法を知らないため、みじめな一生を送ってしまいます。

NO IMAGE

矢沢永吉における「信念」

親父の代では負けたけどオレの代では勝ってやる・・・子供の頃の屈辱から「誰よりも金持ちになってやる」という怖いほど強力な信念が伝わってきます。この信念と「スーパースター」になるという強い願望が結びつくと成功に至るのは必然でした。

NO IMAGE

矢沢永吉における「願望」

矢沢永吉は28歳ですでにスーパースターと呼ばれ、所得番付にも出るようになった要因は何か?それは、絶対に金持ちになってやろうと思った怒りにも似た思考と、スーパースターになってやるという強烈な願望でした。高校生の頃から「明確な人生目標」を持っていました。