NO IMAGE

ヤマト運輸の新商品開発を推進させた背景

ヤマト運輸は「スキー宅急便」「ゴルフ宅急便」「クール宅急便」などの新商品を開発し、宅急便は飛躍的な伸びを見せました。ヤマト運輸が新商品の開発において同業他社を圧倒した背景には何があったのか? それは第一に、小倉昌男社長の「戦略思考」に基づく取り組むべき事項を優先順位をつけて示すの標語にありました。

NO IMAGE

サービスの「差別化戦略」:ヤマト運輸小倉社長が掲げた二つのメッセージ

サービスの「差別化戦略」を行うに当たって、ヤマト運輸小倉社長は二つのメッセージを掲げました。一つは外部に向けての「翌日配達」、もう一つは内部に向けての「サービスが先、利益は後」というものでした。宅急便の翌日到着は、利用者に鮮やかな印象を与え、それが口コミにつながり、「翌日配達」が最大の差別化のポイントとなりました。

NO IMAGE

小倉昌男著『経営学』で、多くのことを学びました。

クロネコヤマトの宅急便の生みの親、ヤマト運輸の経営者であった小倉昌男さんの『経営学』は、本当の経営の教科書とも称されています。「経営者として様々な決断をしたが、サクセスストーリーを書く気はなく、私はどう考えたか、それだけを正直に書く」と、まえがきで語っています。経営改革考える上でも大変参考になる本です。