NO IMAGE

企業の目的は?:ビジネスの基本と原則

「企業の目的は、顧客の創造である」・・・・このようにドラッカーは的確な言葉で、ビジネスの基本と原則を語ってくれます。われわれがその製品やサービスをよく知る、トヨタやホンダ、ヤマト運輸、デル・コンピュータなどが成長を遂げたのも、「お客本位の仕事」を貫き、顧客を増大させてきたからに他なりません。

NO IMAGE

「基本と原則に反するものは、例外なく破綻する」(P.F.ドラッカー)

「基本と原則に反するものは、例外なく破綻する」は、P.F.ドラッカーが自著『マネジメント(基本と原則)』での日本の読者へ向けた言葉です。そして「転換期にあって重要なことは、変わらざるもの、すなわち基本と原則を確認することである」と指摘しました。全ての面で転換期にあるといえる今の日本が考慮すべき言葉です。

NO IMAGE

中小企業経営者の悩み:「ゲームのルールが変わった」

次のステージに向けての中小企業経営者個人がトップリーダーとして抱える悩みが重みを増し、より深刻なものとなっています。従来の勝ちパターンが変わり、すなわち「ゲームのルールが変わった」ため、今のやり方で頑張っても成果は期待できなくなりました。企業規模の大小や業種は問わず、企業は戦略を再考すべき時期にきています。